チャプターあらすじを読む
ミクロワールド 微生物が主役 汚水処理 オープニング
ないようを読む

ミクロワールド 微生物が主役 汚水処理 オープニング

よごれた水をきれいにする水再生センター
ないようを読む

ここは、水再生センター。家庭などから出たよごれた水をきれいにする施設です。青いパネルの下にあるのは、「最初沈殿池」。大きなよごれは沈み、上澄みが流れ出ていますが、この水には目に見えないよごれがまだたくさん溶け込んでいます。

微生物をたくさん含んだ活性汚泥
ないようを読む

次に流れ込むのは「反応タンク」です。水のよごれを処理する、最も重要な役割を果たすところです。微生物をたくさん含んだ泥、「活性汚泥(かっせいおでい)」を入れ、空気を送ってかきまぜています。水が茶色くにごっているのはそのためです。どんな微生物がいるのか、顕微鏡で見てみましょう。

活性汚泥の中の生き物たち
ないようを読む

茶色いかたまりの中を小さな生き物たちが動き回っています。大きさ0.3mmほどのスピロストーマム。体のまわりにあるたくさんの細かい毛を動かして移動しています。赤紫色をしたゾウリムシの仲間、プレファリズマ。茶色いかたまりのあいだを動き回っています。アメーバの仲間、マヨネラもいます。ワムシは、口のまわりにある毛をさかんに動かして、何かを食べているようです。反応タンクの中では、200種類以上もの微生物が活動しているといわれています。

よごれを分解する細菌や菌類
ないようを読む

ところが、水に溶けたよごれを取りのぞく役割は、今見てきたような微生物たちではなく、実は、もっと小さな微生物が行っています。大きさ0.01mm以下の生物、細菌や菌類です。主に細菌や菌類が、水に溶けたよごれ、「有機物」を取り込んで分解しているのです。細菌や菌類はよごれを取り入れ、急速に殖えていきます。

殖えすぎた細菌や菌類を間引く働き
ないようを読む

では、最初に見た大きな微生物たちはどんな働きをしているのでしょうか。ワムシの口もとをよく見ると、小さなものを吸い込んでいます。細菌や菌類などを食べているのです。エピスティリスという微生物も、細菌を食べています。吸い込んだ細菌は、「食胞(しょくほう)」とよばれる袋の中に入っていきます。この中で細菌は消化されます。ゾウリムシやアメーバの仲間も、細菌を食べて殖えていきます。殖えすぎた細菌や菌類は適当に間引かれることで活動が活発になり、よごれを取りのぞく働きを維持することができるのです。

微生物がきれいな水をつくる
ないようを読む

微生物が十分活動した水は、「最終沈殿池」に送られます。ここで、よごれを取り込んだ微生物などが大きなかたまりをつくり、沈んでいきます。私たちが生活の中で出す、大量のよごれた水。それは、微生物の働きできれいな水にもどされていたのです。

ミクロワールド
微生物が主役 汚水処理
生活排水の有機物は微生物のはたらきによって水から分離される。
関連キーワード:
理科生物水質分解水道

クリップ

教材きょうざい資料しりょう

教材・資料(先生向け)

配信はいしんリスト

今年度こんねんど放送ほうそう

その放送ほうそう