チャプターあらすじを読む
オープニング
ないようを読む

オープニング

scene 01春がやってきた!
ないようを読む

寒~い冬がすぎて、春になると…生き物たちが動き始めます。

scene 02里山の春
ないようを読む

林や畑、田んぼが広がる里山。ここではどんな春が見つかるのでしょう。春をさがしにやってきたのは、ひとみちゃん。さっそく見つけました。小さな花(オオイヌノフグリ)です。春の陽ざしをあびて、花びらをいっぱいに開いています。ここにも、そこにも、別の花が。春になるといろんな花がさき始めるんですね。

scene 03つぼみから満開のサクラへ
ないようを読む

満開のサクラの木がありました。さく前はどんなだったのでしょう。そう、つぼみです。つぼみが少しずつふくらんでいき、満開の花をさかせたのです。

scene 04ツクシはどうやって出てくる?
ないようを読む

草むらにツクシを見つけました。どうやって出てきたのでしょう。時間を早送りして見ると、地面から顔を出したツクシが、首をのばすようにぐんぐん成長していく様子がわかります。そうやって、地面から生えてきたのです。

scene 05田んぼの中のゼリーのようなもの?
ないようを読む

ひとみちゃん、今度は何を見つけたのかな? 田んぼの水の中に、つぶつぶのゼリーみたいなものがありました。つぶの中で、何か動いているようです。少し前のあたたかい日。土の中から出てきたのは…カエル。カエルは水の中に入って、おしりのあたりから何かを出しています。ゼリーのようなものの中に、黒くて丸いつぶがたくさん見えます。カエルの卵(たまご)です。しばらくすると、形が変わってきました。このあとどうなるのでしょう。

scene 06草についたあわのようなかたまり
ないようを読む

ひとみちゃん、また何かを見つけました。今度は何でしょう。草についている小さなかたまりです。これがこのあとどうなるのか、ちょっと見てみましょう。中から何か出てきました。ぶら下がるようにしてくっついて、いっぱいいます。何だかわかるかな? これは、カマキリの赤ちゃんです! 春になって動き始めた生き物たち。これから、どんなふうに変わっていくのでしょう。

ふしぎがいっぱい (4年)
春がやってきた!
春の生き物の様子に関心をもち、植物や動物の様子を継続的に観察するためのきっかけをつくる。

クリップ

教材きょうざい資料しりょう

教材・資料(先生向け)

配信はいしんリスト

今年度こんねんど放送ほうそう

その放送ほうそう