チャプターあらすじを読む
オープニング
ないようを読む

(オープニングタイトル)

scene 01自転車でてこが使われている部分は?
ないようを読む

今回は、今までの解答者全員の登場です。まずミスターQが、てこのえい像を見せます。てこには決まりがありました。「てこでは支点からのきょり、これがポイントだな」とヤジロウさん。そこで、ヤジロウさんに第一問。自転車でてこが使われているのはどの部分でしょうか。1.ハンドル。2.ペダル。3.両方。「ウーン。ハンドルはぼうのような形だから、てこだな」とヤジロウさん。「ペダルも、足でふむところ、あそこが力点だ」と、3番の「両方」を選びました。みんなも同じ意見ですが…。

scene 02ハンドル、ブレーキ、ペダルとギア
ないようを読む

自転車にはてこがたくさん使われています。車輪の向きを変えるハンドル。自転車を止めるブレーキ。車輪を回すペダルとギアもてこです。ペダルとギアのもけいを使って調べてみます。ペダルの先の目もり6のところにばねはかりをつけます。目もり3には横にばねはかりをつけ、両方のばねはかりを引っぱって、てこのつりあいを調べます。つりあったとき、目もり3のばねはかりは600g、目もり6のばねはかりは300gです。どちらも、力の大きさと支点からのきょりをかけ合わせた数が1800で、てこの決まりが成り立っていました。

scene 03自転車で坂道を登るときに楽なのは?
ないようを読む

第一問の答えは、「ハンドルもペダルも両方てこ」でした。ヤジロウさん、いきなり正解です。続いて第二問。自転車で坂道を登るとき、ペダルについているギアは、大きいギアを使ったほうが楽なのでしょうか、小さいギアを使ったほうが楽なのでしょうか。「ペダルはてこだ。そのペダルについているギアだから、ギアが作用点だ。だから、小さいギアを使ったほうが楽に登れそうだな」とヤジロウさんは言います。

scene 04支点から作用点までのきょりは
ないようを読む

車輪に1kgのおもりをつけます。大きなギアにチェーンをかけ、足でふむところにばねはかりをつけて引っぱってみます。およそ3.8kgの力でおもりが持ち上がりました。真ん中のギアにチェーンでは、およそ3kgで持ち上がりました。いちばん小さなギアでは、およそ2kgの力で持ち上がりました。チェーンのかかっているところが作用点になります。支点から作用点までのきょりを比べると、小さなギアのほうが短くなります。そのため、小さいギアにチェーンをかけたほうが、力点にかける力は小さくてすむのです。

scene 05植物が育つのに土は必要?
ないようを読む

ペダルについているギアは、小さいほうを使うと坂道を楽に登れました。ヤジロウさん、また正解です。では第三問。解答者はエンドウさんに代わりました。植物を大きくじょうぶに育てるには、日光や肥料が必要でした。では、植物を育てるとき土は必要でしょうか。「ウーン。なくても育ちます。ほら、球根は土のない容器で育ちます」とエンドウさん。「あれは特別じゃないんですか」とミスターQが言いますが、「いえ、だいじょうぶ。土がなくても育ちます」とエンドウさんは答えました。

scene 06肥料、水、光があれば…
ないようを読む

新しい農業に興味を持ってもらうためのしせつでは、ビルの地下で植物が元気に育っています。植物が育つには、何が必要でしょうか。まず、光です。ここでは、発光ダイオードを利用した光を使っています。植物は人工の光でも育つのです。こちらの部屋では特別な方法で野菜がさいばいされています。なんと、土はありません。根が直接水につかっています。この水は肥料をとかしこんだ水でした。野菜の根は、水にとけている肥料をすい取って大きく育ちます。植物は土がなくても、肥料や水、光などがあれば元気に育つのです。

scene 07石けんをつくるとき食塩を使うのは?
ないようを読む

第三問、エンドウさんは正解でした。では最後の第四問。答えるのはサトウさんです。石けんをつくるとき、食塩を使う方法があります。では何のために食塩を使うのでしょうか。1.石けんに色をつける。2.やわらかくする。3.とけている石けんを取り出す。「うーん、どれかなあ。とけている石けんを取り出す」とサトウさん。「どうしてですか」ときかれ、「食塩も水によくとけるから」と言います。自信がないようですが、「自分を信じるんだ」とみんなにはげまされ、「はい、3番です!」と答えました。

scene 08食塩が水をうばう働きを利用する
ないようを読む

石けんをつくる工場では、原料の石けん液に食塩水をまぜます。食塩水の役わりを実験で見てみましょう。石けんを細かく切り、水にとかすととうめいの石けん液ができます。そこに食塩水を入れると、白いものが出てきました。石けんが水にとけているとき、石けんは水と結びついています。そこに食塩がやってくると、食塩は水にとけやすいので水をうばってしまいます。すると、水からはなれた石けんが出てくるのです。食塩水を使うのは、石けん液から石けんのかたまりを取り出すためでした。サトウさん、正解。これで全問正解でした。

理科5年 ふしぎワールド
生活のなかの科学
てこをはじめとして日常生活には力学の法則が活用されていることをまなぶ。

クリップ

教材きょうざい資料しりょう

教材・資料(先生向け)

配信はいしんリスト

今年度こんねんど放送ほうそう

その放送ほうそう