チャプターあらすじを読む
scene 01水に入れた塩が消えた?
ないようを読む

塩を水に入れると…。あれ? 消えた? しずんでいく塩がとちゅうで消えました。塩はどうなったのでしょう。すると…、「何? そのふしぎ! 調べテミルン!」と、ふしぎモンスターのテミルンが現れました。身のまわりのふしぎ、どうしたら確かめられる? 予想通りなら、どうなるはず?

scene 02塩は水の中にある? ない?
ないようを読む

塩を水に入れるとどうなるか、観察してみましょう。ビーカーの水に塩を入れ、かきまぜて、しばらくすると…。塩は見えなくなりました。塩は水の中にあるのでしょうか、ないのでしょうか。どう思いますか?

scene 03予想の例「水の中にかくれている?」
ないようを読む

今日は、神奈川県横浜市立立野(たての)小学校のみんなと考えてみましょう。見えなくなった塩は、水の中にある? ない? 予想してみましょう。まず、「なくならないと思います」という意見。「理由は、塩を入れた水は最初の水よりもにごっている気がして。塩が小さくなって、にごった水の中にかくれているんじゃないかなって思って」と言います。塩は小さなつぶになって水の中にかくれているという予想です。「どうやってかくれているの?」とテミルン。

scene 04予想の例「小さくなっただけ?」
ないようを読む

ほかにこんな意見がありました。「水の中で食塩は消えてないと思って。川の石みたいに、水の力でけずられて小さくなって目に見えなくなっただけだと思って、小さいのがいっぱいあるんじゃないかと思います」。塩は水の力でけずられて小さくなっているけど、中にあるという予想です。「水に入れて見えなくなった塩は、ある? ない? どう思う?」(テミルン)。

scene 05調べ方の例「入れる前とあとの体積を比べる」
ないようを読む

このクラスで多かった予想は、『水の中に塩はある』。でも、「水の中に塩はある」って、どう調べるのでしょう。すると、「水は勝手に増えない。何かを入れないと体積が増えないってことを前に勉強したから、塩を入れて体積が増えれば、塩があるってことを確かめられる」という意見。塩を入れる前と、入れたあとの体積を比べ、水の中に塩があれば積は増えるはずと考えたのです。

scene 06調べ方の例「蒸発させる」
ないようを読む

ほかに、水を蒸発(じょうはつ)させるという調べ方を考えたグループもありました。どんな実験でしょう。「ガスコンロを使って、ビーカーの中に食塩水を入れたのを熱して水分だけを蒸発させて、中に食塩が残ればいいなと」。水は熱すると蒸発すると習いました。だから、水を蒸発させて、塩が残るか確かめるのです。「でも、塩は水といっしょに蒸発しないの?」とテミルン。

scene 07調べ方の例「けんび鏡で調べる」
ないようを読む

けんび鏡を使った調べ方も出ました。「塩をとかした水と、ふつうの水をけんび鏡で見比べる実験」と言います。水と、塩を入れた水を、けんび鏡で観察して比べてみる方法です。なぜ水と比べるのか聞くと、「水と比べて、少しちがうものがあったら塩の成分みたいなものだなってわかりやすいから」。水の中に塩があれば、塩の成分や形がけんび鏡で見えるはずだと考えたのです。

scene 08調べ方の例「塩に色をつける」
ないようを読む

色をつけた塩を水に入れる調べ方もありました。「絵の具といっしょで、水にとけて見えなくなるけどちゃんと色が残っているから絵の具があるっていうことなので、塩も同じだと思います」という意見。水の中に塩があるなら、色をつけた塩でも絵の具と同じように水に色がつくはずと考えたのです。でも、色のつけ方でなやんでいるようです。「チョークでガーってするのはどう?」というアイデアが出ますが、「そしたらチョークと塩で別々になっちゃう。分けられちゃう。だから塩自体に色がついてないといけない」と言います。「え? 塩自体に色がついていないといけないのはなんで?」(テミルン)。

scene 09塩自体に色をつけるわけは…
ないようを読む

「絵の具とかで色をつけると、本当は塩はなくなるのに色だけ残るから、塩が残ってると思ってしまう。だから塩自体に色がついていれば、もしなくなるとしたらいっしょになくなる」。塩に絵の具で色をつけると、水の中で色が取れてしまう。だから、もともと塩に色がついていれば、その心配がなくなると考えたのです。「おもしろいね! 色がついた塩を使えばわかるのかな?」(テミルン)。ほかにも、「ろ過」、「重さをはかる」といった調べ方もありました。「いっただきま~す! むしゃむしゃ、もぐもぐ、うま~い!」。みんなの調べ方を食べて、「満腹(まんぷく)、満腹~!」と喜ぶテミルン。「でも、まだまだハングリー!」。

scene 10ほかにはどんな調べ方が?
ないようを読む

「ぼくが今から、水の中に『塩はある』を調べテミルン!」とテミルン。比べるのは、塩を入れる前と入れたあとの体積です。水140mLに塩を入れます。目もりは145mLになりました。「おおっ!」(テミルン)。でもまだ底に塩が残ってない? 「ほんとだ! 塩が見えなくなるまで混ぜテミルン」。よく混ぜてみると…。「あれ? 体積が変わった? 見えなくなると、塩は少し減るの?」とテミルン。ほかにもどんな調べ方があるかな。「みんなは、どんな実験を考えテミルン?」。

ふしぎエンドレス 理科5年
水に塩を入れると?
水に塩を入れると塩はなくなる?それともなくならない?どんな調べ方で確かめられるか考えてみよう!予想どおりなら、どうなるはず?

クリップ

教材きょうざい資料しりょう

教材・資料(先生向け)

配信はいしんリスト

今年度こんねんど放送ほうそう

その放送ほうそう