チャプターあらすじを読む
オープニング
ないようを読む

オープニングタイトル

scene 01食べたものや吸った空気はどうなる?
ないようを読む

「拙者(せっしゃ)、ヨウダエモン。今日は、みんなの体について考えてほしい。生きるのに必要なものは?」とヨウダエモンが言いました。人はものを食べたり空気を吸ったりして生きています。しかし、食べたあとのものや吸ったあとの空気は、体の中でどうなっているのでしょう。今回みんなに考えてほしいのは、『食べたものや吸った空気は、体の中でどうなっている?』。

scene 02考察の手がかり「口では…」
ないようを読む

まずは、食べたものがどうなるか考えましょう。食べ物は、食べるときと出てくるときとでは様子が変わっています。体の中で何が起きているのでしょう。「食べ物の通り道を見て考えてくれ!」とヨウダエモン。まず、「口」。かむことで食べ物は小さくなり、だ液が混ざります。だ液のはたらきを実験で確かめましょう。細かくくだいた米を水と混ぜ、2本の試験管に入れます。かたほうの試験管のみにだ液を入れて、それぞれの試験管にヨウ素液を加えると…。だ液を入れたほうは色が変わりません。だ液によって、デンプンとは別の小さな養分に変わっているのです。

scene 03考察の手がかり「胃では…」
ないようを読む

口から先に進むと、「胃」につながっています。胃の中にたまっているのは、胃液。胃のかべから胃液を出して、肉や野菜を小さな養分に変えています。胃液を再現した液体に肉を入れると…。6時間後、どうなった…?

scene 04考察の手がかり「小腸では…」
ないようを読む

さらにおくへ進むと、「小腸」です。およそ7mもある細長い管で、養分を体の中に吸収しています。小腸のかべを見てみると、養分を吸収している出っ張りがあります。さらに拡大して見ると、小さな出っ張りの中を何かが動いている?

scene 05考察の手がかり「大腸では…」
ないようを読む

小腸で養分を吸収したあと、残りは「大腸」へ。ここで水分を吸収します。そして、残りかすが固まっていき…、体の外に出るのです。食べたものは体の中でどうなっているか? 考えて、まとめてみてください。

scene 06体の中での食べたものの変化をどうまとめる?
ないようを読む

神奈川県横浜市立白幡(しらはた)小学校でも挑戦(ちょうせん)しました。食べたものは体の中でどうなるか。体の中の図に、つぶや矢印などを使って表現してくれました。いろいろなまとめがあります。図に記入された「●」が食べ物、「▲」が養分を表しています。

scene 07わかったこと、まだわからないことは…
ないようを読む

まず、口で食べ物が一部養分になり、胃でさらに養分になっていくことを表したまとめの図。小腸についての図では、養分から矢印が…。ここで吸収されるということのようです。これに関係した疑問も出てきました。「吸収した養分はどこへ行ったかわからない」と言う子。さらに、「小腸にあった小さい管が何なのかわからない」と言う子も。確かに。管の中で動いているものは何なのでしょう。「食べ物が小さな養分になる場所や、吸収される場所はわかったヨウダ。でも、吸収されたあとのことや、小腸の小さな管については、まだわからないヨウダ!」。みんなは、わかったこと、わからないこと、見つかりましたか?

scene 08吸った空気はどこで酸素が減り二酸化炭素が増える?
ないようを読む

次は、『吸った空気は体の中でどうなるか?』を考えてください。はいた息の成分は、どうなっているのでしょう。はいた息をふくろにため、センサーを使って調べると…。酸素およそ17%、二酸化炭素4%。一方、人が吸っているまわりの空気は…? 酸素およそ21%、二酸化炭素0.04%。比べると…。酸素は減って、二酸化炭素は増えています。どこで、酸素が減って二酸化炭素が増えていると思いますか。

scene 09考察の手がかり「肺、肺胞へ…」
ないようを読む

吸った空気の通り道を見ていきましょう。口から入っていくと…。食べ物と空気の分かれ道があります。空気の入り口には、食べ物や水が入らないように、ふたがついています。そのふたの先へ進むと…。道がどんどん枝分かれしていきます。全体を見ると…? ここが、「肺」。ふくらんだりしぼんだりして、空気を出し入れしています。枝分かれした先には、小さなふくろ「肺胞(はいほう)」がたくさんついています。空気の通り道はここで行き止まりです。肺胞で何が起きているのでしょう。肺胞の外側を拡大して見ると…、何かが動いている…?

scene 10まだわからないこと「酸素と二酸化炭素はどうなる?」
ないようを読む

みんなが、わかったこと、まだわからないことを書き始めました。「拙者(せっしゃ)が気になったのはこの疑問。肺胞(はいほう)まで行ったあと、酸素や二酸化炭素はどうなっているか?」とヨウダエモン。これに対して、いろいろな予想がありました。「肺胞の中で、酸素が二酸化炭素に変わる」。「肺胞で酸素だけをため、残った二酸化炭素ははき出す」。「肺胞で酸素が出ていき、代わりに二酸化炭素が入ってくる」。みんなはどうなっていると思いますか?

scene 11何がわかって、何がまだわからない?
ないようを読む

ほかにも疑問が…。「人間は酸素が必要なのに、なんではくときに酸素を出してしまうのか」。確かに。ほかにも「肺胞(はいほう)のまわりに動いているウジャウジャが何なのかわからない」という疑問が。「そうだなあ。わかったこと、まだわからないこと、みんなもまとめてくれ!」とヨウダエモン。

ふしぎエンドレス 理科6年
人の体のしくみ 消化・呼吸編
食べたものや吸った空気は体の中でどうなっている?食べ物や空気の通り道の資料や実験などを手がかりに、養分や酸素を取り込む体のしくみについて考えよう。

クリップ

教材きょうざい資料しりょう

教材・資料(先生向け)

配信はいしんリスト

今年度こんねんど放送ほうそう

その放送ほうそう