チャプターあらすじを読む
scene 01今回は、「考えを整理する」
ないようを読む

「しらべる、まとめる、つたえる」。三つの言葉の最初の文字をつなげると、“しまった!”となる。――「待っていたぞ。今日も、情報(じょうほう)をうまくまとめる技(わざ)をさずけてやろう」。デーモン閣下(かっか)の登場です。「今回は、自分の考えを整理する技を用意したぞ。諸君(しょくん)は、思いついたことを頭の中で整理しないで話してしまい、『一体、何を言いたいのだ!』、『なぜなのか理由がわからん!』などと言われたことがないかな? そんな“しまった!”なことにならないよう、説得力のある考えを言えるようになってもらおう。成長するのだ!」。

scene 02『なぜスマートフォンは便利なのか』
ないようを読む

今回用意したテーマは、『なぜスマートフォンは便利なのか』。自分の考えを整理して話してもらいます。挑戦(ちょうせん)するのは、スマホを持っているリュウセイとヒカリ、そしてまだ持っていないコウセイの3人です。まずはそれぞれ、「スマホは便利だなあ」と思うところを書き出していきます。3人とも思いつくままにたくさん書いています。そのメモを見ながら考えを発表します。うまく仲間に伝えられるかな? まずはコウセイから。

scene 03ゲームと音楽のことばかり?
ないようを読む

「ボタンのタッチが楽。どこでもゲームや動画が見られる。情報(じょうほう)・地震速報(じしんそくほう)が見られる」。続いてリュウセイ。「ゲームができる。電話もできる。インターネットで調べられる。スマホあるだけで家にとじこもっててもだいじょうぶだから」。最後はヒカリ。「電車や車の中で音楽やゲーム、動画が見られる。電車で遠いところへ行くとき、ゲームしたり音楽をきいたりしているうちにあっという間に着くから便利だと思う」。なんだか、3人ともゲームと音楽のことばかりのようですが…。

scene 04考えの整理をふりかえってみると…
ないようを読む

スマートフォンはどうして便利なのか、デーモン閣下はあまり納得(なっとく)できなかったようです。3人は発表をふりかえってみます。「ヒカリはスマホだったら持ち歩けるって言うけど、携帯(けいたい)電話でも持ち歩けるじゃん」とコウセイ。そう言われて、「あぁ、たしかに」とヒカリ。「ほとんどのことがパソコンやタブレットでできるからね」とリュウセイ。「じゃどこが便利なんだろう?」。「どうしてスマホ使ってるんだろうって思っちゃう」。「わかんない」。3人とも、頭の中がまったく整理されていないようです。

scene 05ポイントその(1) 何かとくらべて理由を考える
ないようを読む

「吾輩(わがはい)が、考えを整理する上で大切なポイントを三つさずけてやろう」とデーモン閣下。ポイントその1.何かとくらべて理由を考える。そうすると、スマートフォンならではの便利な理由が見つかります。3人の発表では、便利なのは音楽、ゲーム、動画、電話、インターネット…。実は、これらは携帯(けいたい)電話でもできること。なぜスマホこそが便利なのかを説明する理由には不十分です。ここで大切なのは、くらべてみること。たとえば、画面の大きさ。スマホと携帯電話をくらべてみると、スマホのほうが画面が大きくて見やすいといえます。

scene 06ポイントその(2) 根拠を書く
ないようを読む

ポイントその2.根拠(こんきょ)を書く。根拠とは、理由をより具体的に説明する情報(じょうほう)のことです。「スマホは便利」という考えに、「画面が大きくて見やすいから」という理由を挙げました。これをさらに具体的に説明すると、平均(へいきん)的なスマホの画面の大きさは縦(たて)11cm、横6cm。携帯(けいたい)電話の画面より大きいことがはっきりします。理由に対して根拠を考えましょう。

scene 07ポイントその(3) 理由と根拠は複数書く
ないようを読む

ポイントその3.理由と根拠(こんきょ)は複数(ふくすう)書く。理由と根拠は、一つだけではなくいくつかあることで説得力がますのです。「そこで今回は諸君(しょくん)に便利なものをさずけてやろう」と閣下が取り出したのは、自分の頭の中にある考えを整理するための図です。魚の骨(ほね)のようなこの図、“フィッシュ・ボーン図”とよばれています。魚の頭の部分に「自分の考え」、大きな骨に「理由」、内側の小さな骨にその理由の「根拠」を書いていきます。すると、自分の考えに対しての複数の理由と根拠が整理されるという仕組みです。ポイントをふまえて、もう一度チャレンジです。

scene 08もう一度チャレンジ
ないようを読む

まず3人は、スマホと携帯(けいたい)電話をくらべてみることにしました。インターネットや本で調べながら、スマホが便利な理由を見つけていきます。写真の画質(がしつ)についてくらべ、スマホは画質のきれいな写真がとれるという理由を書きました。ここで、フィッシュ・ボーン図の登場です。魚の頭の部分に自分の考え『スマホは便利』と書き、その理由を四つ書き出しています。理由の内側には具体的な根拠(こんきょ)を書いていきます。

scene 09理由、根拠、そして情報の出所
ないようを読む

ヒカリは、理由に「アプリを自由に入れられる」、根拠に「ネットにたくさんのアプリがある」、「自分の好きなアプリを選べる」と書くことができました。OK! コウセイは、「画面がきれい」、「操作(そうさ)が楽」、「容量(ようりょう)が多い」、「写真がきれい」と四つの理由を挙げ、「写真がきれい」の根拠(こんきょ)として、「携帯(けいたい)電話より10倍もきれいな写真がとれるから」と書きました。どこで情報(じょうほう)を手に入れたか、調べたサイトの名前も書きました。OK! 今度はうまく発表できるのでしょうか。

scene 10説得力のある説明ができた!
ないようを読む

リュウセイが挑戦(ちょうせん)します。「スマホは便利だと思います。なぜなら、操作性(そうさせい)がよい。スマホはスライドすることで操作ができるけど、ガラケーは何回もボタンをおさないと操作ができない…。次に、表現性(ひょうげんせい)がよい。スマホはアプリを使って動画やパワーポイントを作ることができて…」。『スマホは便利だ』という自分の考えに三つの理由と根拠(こんきょ)を挙げることで、説得力のある説明をすることができました。OK! 「前はスマホのいいところがはっきりとわかってなかった。これ(フィッシュ・ボーン図)ですっきりしました」(リュウセイ)。「できました~!」。OK!

scene 11いろいろな図で試してみよう
ないようを読む

「考えを整理する方法、わかったかな。考えるとき役に立つ図は、いろいろとあるぞ。試してみるがよい」。閣下はそう言って消えていきました。

しまった!~情報活用スキルアップ~
考えを整理する
自分の頭の中にある考えを整理(せいり)して説得力(せっとくりょく)を持たすには?デーモン閣下が、その技を伝授してくれます。

クリップ

教材きょうざい資料しりょう

教材・資料(先生向け)

配信はいしんリスト

今年度こんねんど放送ほうそう

その放送ほうそう