チャプターあらすじを読む
「〇〇さんが」げえむ
ないようを読む

こんかいは、すたあとキッズのみんなとことばのゲームをやってみます。その名も「〇〇(まるまる)さんが」ゲーム!どんなゲームなのか、すたあ先生がせつめいします。
4まいのカードに1つずつことばをかいていきます。
まずは、1ばんのカード、「〇〇さんが」。ここには、「人やどうぶつ」の名まえをかきます。
2ばんは、「〇〇で」。ここには「ばしょ」をかきます。
3ばんは、「〇〇そうに」。「どんなようすなのか、どんなふうに」したのか、かきます。
4ばんは、「〇〇した」。「やったこと」をかきます。

さっそく一人ずつ、カードにすきなことばをかいてみます。キッズの一人がかいたのは、
「すたあ先生が」「校ていで」「たのしそうに」「たいそうした」です。
みんながかけたので、かいたカードをつなげて、一つの文をつくります。さいしょの人は①のカード、つぎの人は②のカード、つづいて③、④と、じゅんばんによんでみます。
まず先生からスタート!
(すたあ先生)校ちょう先生が
(キッズ1)森で
(キッズ2)つまらなそうに
(キッズ3)たいそうした
「えーっ!校ちょう先生なにやってるの~!」「もう1かいやろう!」とキッズたち。よむじゅんばんを入れかえるといろいろな文ができあがります。ほかのグループがつくった文とどっちがおもしろいかくらべてみてもたのしいね。

このゲームは、はなれた友だちともできます。3人のともだちとすたあ先生とで、テレビでんわでつなげてゲームをやってみます。「すごいおもしろすぎてほんとわらっちゃった。」「ともだちだったら、かんがえてることがわかんないからたのしいです。」とたのしい文をつくることができました。みんなも「〇〇さんが」ゲームで、ともだちとたのしい文をつくってあそんでみよう!

すたあと
「〇〇さんが」げえむ
新しく学校生活をスタートする1年生をサポートする番組。今回は、「〇〇さんが」ゲーム。みんなで「〇〇さんが」「〇〇で」などの言葉を出しあって、おもしろい文を作る。

クリップ

教材きょうざい資料しりょう

教材・資料(先生向け)

配信はいしんリスト

今年度こんねんど放送ほうそう

その放送ほうそう