ねらい

地震の原因は地層が大きく動くことにあることを知る。

内容

1995年の阪神淡路大震災。このとき、地震の起きた場所では、大地が大きく変化していました。淡路島にある野島断層保存館には、大地の変化が残されています。このようにずれた地層を、断層といいます。断層を上からみると、100m以上にわたって右側の地面が盛り上がっているのがわかります。地震のときに右側の地面だけが盛り上がり、断層ができたのです。こちらは、地震が起きた時のまま残してある家です。塀が、断層によって、ずれてしまいました。地震が起きたときの地面の下のようすを実験で再現してみましょう。水槽の中に、小麦粉とココアの層を順番に重ね、地層を作ります。この層に横から力を加え、どのように変化するかを確かめます。実験開始。棒で横の面を強く押します。層が押されて、断層ができました。押されると、層がゆがみ、一気に地層がずれます。地震によって地層に力が加わわると、断層ができるのです。

地層がずれてできる断層
地層のずれ・断層が地震の原因となることを紹介します。