ねらい

星の年周運動は、星と太陽は動かず、地球が太陽を中心にして回っていると考えると説明できることを知る。

内容

同じ時刻に同じ星を観察すると、毎日少しずつ見える位置が変わるように見えます。地球の周りを星座が1年かけて回っているのでしょうか。実は星が動いているわけではありません。星と太陽は動かず、地球が太陽を中心にして回っていると考えると星はどのように見えるでしょう。地球が太陽とオリオン座の間にある場合。夜12時の日本の位置は太陽とちょうど反対側、オリオン座は真南に見えます。地球が移動すると、夜12時の日本から見たオリオン座は少し西の方に見えることになります。地球は太陽の周りを1年かけ1周しています。「公転」と言います。季節によって見える星座が違うのは公転のためです。北半球が夏のとき、昼側の方向にあるオリオン座は太陽の光で空が明るいため見ることができません。夜側の方向にあるさそり座は見ることができます。公転によって北半球が冬になると、夏と逆に昼側のさそり座は見えませんが、夜側のオリオン座は見えます。

日がたつと見える位置が変わるのは?
月日がたつと星の見える位置が変わる仕組みを説明します。
関連キーワード:
星座季節年周運動地球