ねらい

龍馬の「新しい国をつくる」という志には、勝海舟など多くの人びとの影響(えいきょう)があることがわかる。龍馬は、新しい国づくりのために、薩摩藩と長州藩を結びつける「薩長同盟」を実現させたことがわかる。

内容

江戸時代の終わり。日本をかえたいと立ち上がった男がいます。坂本龍馬。坂本龍馬が国をかえたいという「志」を持ち続けたかげにはさまざまな人との出会いがありました。龍馬は、今の高知県、土佐藩の武士の家に産まれました。龍馬は、成長し強い武士となります。さらに、さまざまな人が影響をあたえました。松平春嶽。横井小楠。勝海舟。勝海舟は「日本を西洋に負けない国にすることが必要だ」と考えていました。勝との出会いが、龍馬の進む道を決めます。勝から「人材を育てること」、さらに「外国とわたりあえる政府をつくること」が必要だと学びます。勝と接する中で、龍馬の考えが形になりました。西郷隆盛と桂小五郎、後の木戸孝允、この実力者を引き合わせ、幕府を倒す勢力をつくることに力をつくします。実現したのが「薩長同盟」。幕府の力はおとろえ、ついに政権を朝廷に返しました。龍馬が考えていた日本の新しい国づくりが動き出したのです。

龍馬をとりまく人びと
江戸時代の終わり、これからの日本をかえていく人物、坂本龍馬が現れる。そして勝海舟との出会いが自分の進むべき道を決定づけた。薩長同盟の立役者も坂本龍馬である。