ねらい

司法権の最高機関である最高裁について、その役割、裁判官の構成人数、国民審査の実施などについて学習する。

内容

最高裁判所は、憲法によって定められた司法権の最高機関です。法律や命令、規則などが憲法に違反していないかを判断する最終決定権を持っています。そのため、「憲法の番人」と呼ばれています。最高裁判所の裁判官は、最高裁判所長官と14人の裁判官で構成されています。憲法に照らし合さなければならない重大な裁判では15人全員が審理にあたります。この最高裁判所の裁判官を私たち国民は辞めさせる権利を持っています。衆議院選挙の投票と同時に行われる「国民審査」で、裁判官がその職にふさわしいかどうか審査できるのです。

最高裁判所の裁判官と国民審査
最高裁判所は、憲法によって定められた司法権の最高機関です。最高裁判所の裁判官は、最高裁判所長官と14人の裁判官で構成されています。