ねらい

障害者も運転しやすい車が増えていることに関心を持つ。障害のある人々の立場に立った自動車生産に関心を持つ。

内容

自分で自動車を運転して、行動範囲を広げたいと願う障害者は大勢います。その願いを実現する車の開発が進んでいます。これは足の不自由な人が車椅子のまま運転席に乗り込めるようにした車です。車椅子を屋根の上のケースにしまえるようにした車も販売されています。手だけでアクセルやブレーキを操作できるようになっています。足だけで運転できる車の開発も進んでいます。一方で、人が操作をしなくても良い自動運転の実現を目指して、様々な実験が進められています。自動運転が広まれば、障害者も健常者と変わらない移動手段を手にできると期待されています。

障害者のための運転装置
自分で自動車を運転して、行動範囲を広げたいと願う障害者は大勢います。その願いを実現する車の開発が進んでいます。