ねらい

伝えたいことがあいまいだったり、言葉が足りなかったときに、よく大人から言われる「もっと具体的に言って!」という言葉。しかし、そもそも「具体的に」とはどういうことなのか。具体的に伝えるためにはどうすればいいのか。他の「事実」と比べ、具体的に伝える「比較」について学ぶ。

内容

具体的に伝えるときに難しいのが、味やにおいといったイメージしにくいもの。大好物のりんごを食べているヒカリに、「このりんごって美味しい?」 と質問すると「うん、甘いよ。」と答えがかえってきました。でも「甘い」っていっても、どのくらい甘いのか、わかりません。こんなとき「比較」を使うと、より具体的に伝えることができます。比較とは、なにか他のものと比べて伝えることを言います。「ねぇ、このりんご美味しい?」。「うん、甘いよ。」。この「甘い」を、「〇〇よりも甘い」とすることで、相手がイメージできるように、つまり具体的に伝えることができます。〇〇には、他の果物や甘い物を入れるといいでしょう。では、もう一度やってみましょう。「ねぇ、このりんご美味しい?」。「このりんご砂糖よりも甘いよ」。さ、さすがに砂糖よりも甘いってことはないと思うけど、そのくらい、甘いってことだね。比較することで具体的に伝わりまたした。

具体的に伝えるためのコツ ~比較を使う~
伝えたいことを、他の「事実」と比べて伝える「比較(比較)」を使えば、より具体的に伝えることができます。