ねらい

社会保障制度の社会福祉について理解する。

内容

社会保障制度とは、けがや病気、失業など、やむを得ない理由で生活が不安定になったときに、国が生活を保障する制度で「社会保険」、「公的扶助」、「社会福祉」、「公衆衛生」の4つの柱からなります。社会福祉は、4つあり、子どもや高齢者、障害のある人など、社会生活を送るうえで不利な人や立場が弱い人を支援しています。『児童福祉』は児童福祉法に基づいています。児童相談所の設置、子ども手当の支給などが行われています。『高齢者福祉』は、「老人福祉法」に基づいています。高齢者の医療や福祉サービスの確保、介護保険制度の確立などが進められています。『障害者福祉』は、「身体障害者福祉法」と「知的障害者福祉法」に基づいています。『母子・父子・寡婦(かふ)福祉』は、「母子及び父子並びに寡婦福祉法」に基づいています。ひとり親家庭に対して、大学などへの進学費用を貸し付けるといった支援などが含まれます。

社会保障-社会福祉
社会保障制度の社会福祉について説明します。