あらすじ一覧

図をつかって考える(2年)

オープニング

(オープニングタイトル)

scene 01キューにきんきゅう着信!?

「今日(きょう)は遊園地(ゆうえんち)たのしかったね!」。イチカたちがたのしそうにはなしています。「イチカのおじいちゃんとその助手(じょしゅ)もいっしょで、もりあがったよね」とレス。キューが写真(しゃしん)をうつしだして見せます。「おじいちゃんたち、はしゃいでたね」。そのとき、きゅうにくらくなってあかりがてんめつし、サイレンがなりひびきました。「きんきゅう着信(ちゃくしん)! きんきゅう着信!」とキュー。「えっ、なに!?」。するとあかりがきえてまっくらになりました。「わぁ!」。そして、「ふははは!」とぶきみなわらいごえがして、画面(がめん)に、くろいカードがあらわれました。

scene 02“かいとうエックス”のちょうせん

くろいカードは、「わたしの名前(なまえ)は“かいとうエックス”。おたすけレスキューよ、わたしのちょうせんをうけてみるがいい」といいます。「ちょうせん?」。「このなぞがとけるかな。わたしは、“ニンジャバスターズカード”をはじめに17まいもっていた。だが、おたすけレスキューのもっていたカードをぜんぶぬすんでやったぞ。そうしたらぜんぶで33まいにふえた」。「えーっ!」。「さて、わたしはなんまいぬすんだか? もし正しくとくことができたら、すべてのカードをキミにやろう。だが、とけなかったら、ぼっしゅうだ!」。「そんなー!」。「それがいやなら、せいぜいがんばるんだな。ふははは!」。

scene 03ぬすまれたカードは何まい?

というわけで、かいとうエックスからのちょうせん、『カードが17まいありました。何(なん)まいかぬすんでふえたら、ぜんぶで33まいになりました。ぬすんだのは何まい?』。「ほんとだ、わたしのカードぜんぶなくなってる!」とイチカは大ショック。「かいとうエックスめ、どこのだれだかしらないが、ゆるせないな!」とレスもおこっています。「ぜったい、なぞをといて、カードをレスキューしてみせる!」とイチカ。さっそくなぞをときはじめます。「えっと、はじめに17まいあって、ふえて33まいになったんでしょ。『ふえた』ってことは、たし算(ざん)すればいいんだ!」。

scene 04図にかいてたしかめよう!

「何(なに)と何をたすの?」とキューにきかれ、「えーっと、17+33は50! こたえは50まい!」とイチカ。すると、「ちょいちょい、ちょーい!」とレス。「それじゃ、かいとうエックスがもってる33まいよりおおくなってるよ」。そういわれ、「ほんとだ。なんで? 出てくる数字(すうじ)は17と33だけ。それでふえたんだからたし算(ざん)にきまってるのに!? …って、アワアワするとおもったら大まちがい! こういうときは、図(ず)にかいてたしかめてみよう!」とイチカがいいました。「おぉっ、イチカがたのもしく見える」。「かいとうエックスにかてるかも!」。「レスキュー、じゅんちょう!」。

scene 05レスキュー、大しっぱい?

「よーし、カードの数(かず)を、『○』にしてたしかめてみよう!」とイチカ。「イェーイ!」。「かいとうエックスは、はじめに17まいもっていたから…。1、2、3…17!」。イチカがノートに○を17こかきます。「そのあと、何(なん)まいかぬすんだから…うん? 『何まいか』? えっ、『何まいか』って、何こ○をかけばいいの?」。イチカはわからなくなってしまいます。「どうしよう、○の数がわからない。このままじゃ、カードのレスキュー、大しっぱいだー!」。

scene 06おたすけアイテム「ぜんたいもぶぶんもあらわしマステープ」

すると、レスの耳がひかりました。「ビビッ! “こまったセンサー”、キャッチ! イチカ、ガチャをまわしてイェイイェイ!」とレス。「よーし。いちか~ばちか~!」。イチカがレスのおなかのガチャをまわします。「今週(こんしゅう)のおたすけアイテム~。こんなん出ました~」。キューのひきだしがひらきました。「なんだろう~?」。イチカがとりだしてみると、「テープが二つ?」。するとレスが、「そう。『ぜんたいもぶぶんもあらわしマステープ』だよ。○のかわりに、テープのながさであらわすんだ」といいます。「わかった。えっと…」。

scene 07「何まいか」はテキトーでいい?

「はじめにあった数(かず)は、17まい。ながさはこれくらいでいいか」。イチカが赤いテープをきってはりました。「つぎは、青いテープの出番(でばん)だ」とレス。「何(なん)まいかぬすんだら…。うーん、やっぱり『何まいか』って、どれくらいのながさにしたらいいかわかんないよ」とこまってしまうイチカ。するとキューもレスも、「テキトーでいいんじゃない? へらへら~」というのでイチカはびっくり。「へらへら? おぉ! きらんとひらめき、おもいついた! テキトーでいいんだ! ○は数を正しくかかなきゃいけないけど、テープだったら、数がはっきりわからなくてもとりあえずでだいじょうぶ!」。

scene 08数字のかわりに□がつかえる

「これぐらいでいっか~」。イチカがテキトーなながさで青いテープをはりました。「何(なん)まいかわからないときは、数字のかわりに『□』がつかえるよ」とレス。「なるほど。わからないときは『□まい』ってかけばいいんだ。そしてさいごに…ぜんぶで33まい。できた!」。「イチカ、この図(ず)をよーく見て。□をもとめるにはどんな計算(けいさん)がいい?」。「ぜんぶで33まいのうち、17まいははじめからあったってことは…。きらんとひらめき、おもいついた! ぜんぶからはじめの数(かず)をひき算すれば、□のぶぶんの数がわかるよ。つまり、33-17=16。かいとうエックスがぬすんだカードは、16まい!」。

scene 09レスキューミュージック ~図をつかってかんがえる~

「♪図(ず)をつかってかんがえるときのコツ たし算(ざん)かひき算かわからないときは 図であらわしてみよう わからない数(かず)は四角(しかく)にする 図をよく見れば計算(けいさん)できる」。――「だけど、かいとうエックスって、いったいなにものなんだろう」とイチカ。「きっと、すっごくわるいやつだよ」とキュー。でもレスは、「それはどうかな。真実(しんじつ)は、ときに、やみよりもふかい」といいます。「どういうこと?」と首(くび)をひねるイチカとキュー。

scene 10おたすけレスキュー、キュキュッとかいけつ!

「どうだ、おたすけレスキュー。なぞはとけたかな?」。かいとうエックスがいいます。「もちろんだよ、かいとうエックス!」とイチカ。「これをつかって計算(けいさん)してみたよ」とおたすけアイテムを見せます。「まず、はじめに17まい。ぬすんだカードのまいすうはわからないから『□まい』にする。そしてぜんぶで33まい。図(ず)を見ればわかるように、□は『33-17』で計算できるよ。こたえは16。あなたがぬすんだカードは、16まいだ!」とイチカ。「な、なんと、大せいかいだ…」。「おたすけレスキュー、キュキュッとかいけつ! きらん☆ さぁ、わたしのたいせつなカードをかえして!」。

scene 11かいとうエックスの正体は…

「まさか、このなんもんをといてしまうとは…」。かいとうエックスの声(こえ)がやさしくなって、「わしはうれしいぞ」といいました。「えっ?」。「かいとうエックスの正体(しょうたい)は…わしでした~♪」。「おじいちゃん!?」。「イチカのレスキューっぷりを見たくて、ちょっと、かいとうごっこをしてみたんじゃ。イチカがりっぱにせいちょうしていることがわかって、わしはうれしい」。すると助手(じょしゅ)が、「カードはおかえししまーす。ついでにジュースを10本さしいれしました!」といいました。「イチカ、レスとキューと力をあわせて、これからもがんばるんじゃぞ」とおじいちゃん。「おまかせラジャー!」。

scene 12ジュースはさいしょに何本あった?

「もう、おじいちゃんって、ほんと、いたずらずきなんだから。ま、たのしかったし、いっか!」とイチカ。「ジュースのもうよ!」というキューに、「さんせい!」とイチカ。するとレスが、「ところで、ジュースって、いま何本(なんぼん)あるんだ?」といいました。「えっと、おじいちゃんのさしいれを入れて、25本になったよ」とイチカ。「さいしょに何本あったんだろう?」とキュー。「えーっと、10本もらって25本になったから…」と、テープの図(ず)をおもいうかべてかんがえはじめるイチカでした。