あらすじ一覧

プレゼンテーションを作る

scene 01今回は「プレゼンテーションを作る」

「しらべる、まとめる、つたえる」。三つの言葉の最初の文字をつなげると、“しまった!”となる。――「今日は諸君(しょくん)に、情報(じょうほう)をうまく伝える技(わざ)をさずけてやることにしよう」。デーモン閣下(かっか)の登場です。「今回は、プレゼンテーションを作る技だ。プレゼンテーションでは、写真やグラフなどを見せながら、相手にわかりやすく発表することが大切だ。いくらすぐれた原稿(げんこう)ができても、それを魅力(みりょく)的に伝えられないと、台無しだ。さっそく挑戦(ちょうせん)してもらおう。聞き手をなっとくさせるのだ!」。

scene 02『ゴミをへらそう』

今回、チームで挑戦(ちょうせん)するのは、ホズミ、ヒカリ、リュウセイの3人。プレゼンのテーマは、『ゴミをへらそう!』です。まずは、ゴミ問題について本やインターネットで調べていきます。「日本はね、一年間に5億トンのゴミを出しているんだって」とリュウセイ。これにはヒカリもちょっとびっくり。ホズミは、もやすゴミの中身について、グラフで伝えることにしたようです。

scene 03原稿と発表用スライドを作る

次に、話す内容(ないよう)を原稿(げんこう)にしていきます。『それは、ゴミを出すということは自然破壊(はかい)につながっているからです…』というヒカリの原稿に、「ぜんぜん説明が足りないんだよ」とホズミ。「でもアドリブでだいじょうぶでしょう」とリュウセイ。アドリブ? 余裕(よゆう)ですねえ。原稿ができたら、プレゼンソフトを使って、発表用のスライドを作っていきます。写真がいっぱい! 画面の効果映像(えいぞう)も入れて、もう仕上げ? 順調そうですが…。では発表してもらいましょう。

scene 04いざプレゼン

聞き手のみなさんの登場です。ホズミ、ヒカリがスピーチ担当(たんとう)、リュウセイはパソコンでスライドを出します。「スーパーやゴミ収集(しゅうしゅう)所で見かける、エコ活動のポスター…」。ヒカリのはっきりした声でプレゼンが始まりました。「ゴミがあることによって生き物の減少(げんしょう)が続いています。うみがめがビニール袋(ぶくろ)をくらげとまちがえてのみこんでしまうなど…」。でも、あれ? うつし出されているスライドは、読んでいる原稿(げんこう)といっしょです…?

scene 05くわしい説明がない、話し手を決めていない

続いてホズミ。画面にグラフが出てきました。「これはもやすゴミの中身についての円グラフ。で、これは日本が…」。え? 円グラフについて説明しないの? 続いて、写真が7枚(まい)ならべられたスライド。今度はくわしく教えてくれるかな。「これも写真です。はい次」とホズミ。次? ここも説明しない? 次は、「…」。あれ? 3人ともだまっています。さらに、なにやらもめています。だれがこのパートを話すのが決めていなかったようです。

scene 06プレゼンをふりかえってみると…

聞き手の人たちはどう思ったのでしょうか。「とちゅうでつっかえてしまった」。「円グラフが小さくて…」。「写真が小さすぎてよくわからなかった」。3人もタブレットで確認(かくにん)します。「写真が多すぎるからさ、ちょっと見えないね」とホズミ。「『これも写真です』って、それは見ればわかるだろう」と閣下。「原稿(げんこう)と同じことをスライドの文章も書いてるから、書かなくてもいいよね」とホズミ。「だめだ、しまった」とみんな。しまった!

scene 07ポイントその(1) 文字は少なく、キーワードで書く

「プレゼンテーションは、聞き手に『なるほど!』とか『自分もやってみよう!』という気持ちにさせるのが目的だ。では、どうやって聞き手の心にひびくようにすることができるのか、吾輩(わがはい)が技(わざ)を伝授(でんじゅ)してやろう」とデーモン閣下。ポイントその1.文字は少なく、キーワードで書く。ヒカリの発表の場面、原稿(げんこう)をそのままスライドに書いていました。こういうときは、たとえば、「生き物の減少(げんしょう)」、「うみがめがビニール袋(ぶくろ)をくらげとまちがえる」、「一日に約100種絶滅(ぜつめつ)」とキーワードにまとめます。見やすく、わかりやすくなりましたね。

scene 08ポイントその(2) 写真やグラフをしぼりこむ

ポイントその2.写真やグラフをしぼりこむ。3人の作ったスライドを見てみると、1枚(まい)のスライドにたくさんの情報(じょうほう)がのっています。これでは見ている人が注目したくても、はっきり見えません。1枚のスライドにのせる情報は、たとえば「日本人が一日に出すゴミの量 なんと1kg!」のようにしぼりこむ。伝えたいことは強調しましょう。

scene 09ポイントその(3) くり返し練習する

ポイントその3.くり返し練習する。「勝負は準備(じゅんび)で決まる!」と閣下。「わかりやすい言葉を使っていたか」「読みは聞きやすかったか」「スライドは見やすかったか」などポイントをリストに書き出し、一つひとつチェックしていきます。本番の流れも確認(かくにん)しながら何度も練習しましょう。「プレゼンテーションは、わかりやすくスライドを見せながら、伝わりやすく説明することがポイントだ。もう一度やってみるがよい!」と閣下。スライド作りからやり直しです。わかりやすい写真を1枚(まい)選んで、説明する文字もキーワードになっています。あとは、チェックリストを使って練習あるのみ。

scene 10もう一度チャレンジ

もう一度挑戦(ちょうせん)です。「町では、ゴミ箱からあふれかえってしまうほど…」(ホズミ)。写真は1枚(まい)ずつ大きくうつして、ひと目でわかるようになりました。OK! 「ゴミを出すことにより、地球温暖(おんだん)化やさばく化などの…」(ヒカリ)。文字もキーワードになり、見やすくなっています。OK! 「三つめはねリサイクルです…」(ヒカリ)。スピーチする人、画面をしめす人、スライドを出す人、3人の息もぴったり。聞き手も興味津々(きょうみしんしん)です。「これで発表を終わります」(ヒカリ)。拍手(はくしゅ)が起き、聞き手の人たちにうまく伝わったようです。「できた~!」。OK!

scene 11失敗してもめげずに楽しく!

「プレゼンテーション。これは、大人でも緊張(きんちょう)するものだ。失敗しても、めげずに楽しくやろうではないか。笑いやユーモアも交えるとよいぞ。ちなみに、今日のこの番組自体が、プレゼンテーションを成功させるためのプレゼンテーションだったわけだ。何? よくわからなかった? しまった!」。閣下はそう言って消えていきました。