• オープニング0:00

    オープニング

    アイズナー賞4度受賞のホラー漫画家、伊藤潤二。奇怪な作品の背景にある伊藤自身の体験とは。恐怖に魅せられた男の「頭の中」へ。

  • 参加者が質問!私の好きな伊藤作品が生まれるまで2:34

    参加者が質問!私の好きな伊藤作品が生まれるまで

    「グリセリド」「首吊り気球」「双一の誕生日」「なめくじ少女」…伊藤潤二の作品はどのようにして生まれるのか。講義参加者のお気に入りの作品から、アイデアの源泉がどこにあるのかを解き明かす。

  • 伊藤潤二流 ホラー漫画術 アイデア作りのコツ14:21

    伊藤潤二流 ホラー漫画術 アイデア作りのコツ

    これまでに200近い作品を描いてきた伊藤。どれも奇怪かつ独創的。「バイオハウス」「ギョ」「墓標の町」「富江」「恐怖の重層」を元に、アイデア作りのコツを解説。

  • 伊藤潤二流 ホラー漫画術 恐怖を紙に焼き付ける方法18:44

    伊藤潤二流 ホラー漫画術 恐怖を紙に焼き付ける方法

    一度見たら忘れられない、緻密でリアリティのある絵。そこに込められたこだわりとは?「うずまき」「恐怖の重層」「血玉樹」「死びとの恋わずらい」を元に解説。

  • Q&A パート①27:53

    Q&A パート①

    「Q.モチベーションをどう保つ?」「Q.集中力を高めるには?」「Q.一番描くのが大変だったシーンは?」

  • ホラーとの出会い34:09

    ホラーとの出会い

    伊藤潤二にとって「ホラー」とは何なのか。それを探るために、伊藤のキャリアに迫っていく。恐怖の原体験やホラー漫画との出会い。そして、自身がホラー漫画を描き始めるまで。

  • ホラー以外で影響を受けたもの43:06

    ホラー以外で影響を受けたもの

    伊藤はホラー以外の作品からも大きな影響を受けている。中学時代に夢中になった「SFショートショート傑作集」や、大友克洋「ショートピース」など。

  • 歯科技工士 そして 漫画家へ46:46

    歯科技工士 そして 漫画家へ

    歯科技工士から転身して漫画家になるという、異色のキャリアを持つ伊藤。「自分に向いている」と思い歯科技工士になったが、体調悪化で死を予感するまでになり漫画家転身を決意。「富江」をきっかけにデビューする。

  • 海外で人気作家に56:34

    海外で人気作家に

    漫画界のアカデミー賞、「アイズナー賞」を4回受賞した伊藤。今や海外でも大人気のホラー漫画家となり、コミックイベントにも頻繁に招待されている。2023年7月に行われたサンディエゴ・コミコンにも参加した。

  • ジャンルの垣根を越える 新たなホラー1:01:27

    ジャンルの垣根を越える 新たなホラー

    新たなジャンルにも挑戦する伊藤。「人間失格」の漫画化・エッセイ漫画「よん&むー」「怪談えほん」・・・どのジャンルでもホラー的要素が登場するのが伊藤らしさ。

  • なぜホラーを描くのか1:12:43

    なぜホラーを描くのか

    子どもの頃から「非日常」を求めていた伊藤。日常が退屈という思いから、ホラーという非日常を漫画の中で表現したいと考えた。ホラー漫画を描くことが心の安定につながっているという。

  • Q&A パート②1:14:12

    Q&A パート②

    「Q.漫画家に転向するのは怖くなかった?」「Q.登場人物の退場のさせ方はどう決める?」「Q.作品を作るときに最初に考えることは?」「Q.ホラー漫画以外で描くとしたら?」「Q.もし実写化するならどの作品がいい?」

「富江」「うずまき」などの作品で知られるホラー漫画家の伊藤潤二。漫画界のアカデミー賞と呼ばれる「アイズナー賞」を過去4回受賞。世界中にファンがいるホラー漫画界のトップランナーはどのようにしてアイデアを練り、「恐怖」を描いているのか?奇怪で面妖な作品を生み出すコツや、歯科技工士から始まった異色のキャリアを語り尽くす。インタビュアーは伊藤作品の大ファンという歌手・タレントの中川翔子さん。

伊藤潤二 中川翔子 (ホラー漫画家)

伊藤潤二 中川翔子 (ホラー漫画家)

日本を代表するホラー漫画家。漫画界のアカデミー賞と呼ばれる「アイズナー賞」を過去4回受賞。国際的にも高く評価されている。

講義一覧(~2023年度)

豪華講師陣による講座番組をフルバージョンでお届け。講座内容はpdfでもダウンロードいただけます。

  • NHK ACADEMIA 公式LINE始めました イベント募集や動画掲載、放送予定など随時ご案内します。NHK ACADEMIA 公式LINE始めました イベント募集や動画掲載、放送予定など随時ご案内します。
  • NHKアカデミア
  • NHKプラス
  • NHKオンデマンド